留学生が学校卒業後も日本に残って就職活動をする場合は、在留資格を「特定活動」に変更しなければなりません。

期間は6か月で、一度の更新が認められます。

つまり、1年間の滞在が認められることになります。

日本での素行や滞在費に問題なく、学校長の推薦などがあれば、まず認められます。

また、地方公共団体が行う就職支援事業に参加する場合は、さらに1年滞在が認められます。

就職活動で日本に滞在したい方は、ビザの変更を忘れずに行ってください。