在留資格「技能」で呼び寄せるパターンです。

一時期、にわかにインド料理やベトナム料理のお店が増えました。

その際に、多くのコックさんが来日しています。

が、最近は「技能」の在留資格取得が難しくなっています。

というのも、上記のケースが偽装申請が多発していたからだと考えられています。

コックの経歴が虚偽、開店した店舗が入管に摘発されるなどの事態が多く発生しましたので、現在の審査は厳しいです。

本国での調理経験などを、きちんと立証して申請する必要があります。

概ね、行政書士を活用したほうが許可率は上がると思います。