結婚ビザ申請後などに、実際に夫婦関係があるかどうかを、入管職員が実態調査に来ることがあります。

自宅の状況、真に夫婦として同居しているかなどを、確認されます。

ですから、当たり前ですが実態がきちんと備わっている必要があります。

また、入管に疑われるような状況で申請しても、不許可の可能性が高くなります。

当事務所にご相談に来られた場合は、実態も確認させていただき、申請サポートいたします。

入管の実態調査が入っても、適切な対応をするために必要です。