入管法における身元保証人は、外国人が我が国において安定的・継続的に初期の入国目的を達成できるように、必要に応じて当該外国人の経済的保証及び法令の遵守等の生活指導を行う旨を法務大臣に約束する人です。

身元保証書の性格については、法務大臣に約束する保証事項について身元保証人に対する法的な強制力はありません。

したがって、身元保証人が保証内容を履行しない場合でも、当局からの約束の履行を指導されるにとどまります。

しかし、身元保証人として十分な責任が果たさせない者とされますので、それ以降は入国・在留申請において身元保証人としての適格性を欠くとされてしまいます。

責任自体は、道義的責任を課すものです。