海外で出生した場合でも、両親の一方が日本人であれば日本国籍を取得します。

しかし、出生の際に日本国籍と同時に外国の国籍も取得した場合は、出生から3か月以内に国籍留保の届け出をしなければ、その子は出生時に遡って日本国籍を失います。

ただし、国籍留保の届け出をせずに日本国籍を失った子については、一定の要件を満たしていれば、法務大臣に届け出て日本国籍を再取得できます。

なるべくなら、国籍留保の届け出を忘れないようにしたいものです。