外国で生まれた子の中で出生で日本国籍と同時に外国の国籍も取得した子は、一定の期間内に日本国籍を留保する意思表示をしなければ日本国籍を失います。

そのような子供の日本国籍を失わせないために、国籍留保の届出が認められています。

・届出の方法
父母等が、出生の日から3か月以内に出生の届出とともに日本国籍を留保する旨の届出をする必要があります。

・届出先
在外公館又は市区町村役場

 

なお、既に日本国籍を失ってしまった方について、20歳未満で日本在住であれば、法務大臣への届出によって、日本国籍を再取得できます。