年金の支払いは義務ですから、日本国民の義務を果たしていない場合は、申請しても認められることはほぼありません。

帰化申請においては、法令違反・義務違反があってはいけませんので、それらがある場合は、まずは違反を無くし、義務を果たすようにします。

その後に申請を検討することになります。