他のビザと異なり、経営・管理ビザには学歴等の要件がありません。

自ら経営者となれば、資金等の要件を満たせばビザが取得できます。

技術・人文知識・国際業務ビザ等の取得が難しい方が、経営・管理ビザにしますと仰ることがありますが、真にビジネスをする目的がなければ止めておくべきだと伝えています。

多額の資金を要し、人を雇用して行うビジネスを継続させるには、経営者の情熱・才覚が必須です。

目先のビザ取得のために行うものではありませんし、入管も事業の継続性がなければ不許可を出します。