11月1日より、介護の技能実習制度が開始しています。

そもそも技能実習制度は途上国への技能移転が目的です。

日本で実習をして学んだことを、自国に戻って活かしてもらう制度です。

ですが、介護現場の人手不足を解消するために期待されているのが現状です。

しかし、技能実習生は来日前に日本語テストを受け、来日後も日本語や介護に関する研修をみっちりと受けてから働く必要があるなど、厳しい基準が定められています。

その後も、日本語力のテストを受けて一定水準以上の成績でなければ帰国しなければいけません。

在留期限は最長5年で、更新もありません。

日本で長く働きたい場合には、介護福祉士を取得して在留資格「介護」で在留するほうがよいと思います。