・帰化申請とは

帰化とは、国家が特定の外国人の志望に基づいて国籍を付与する創設的行為です。
日本国籍を有しない特定の外国人が、日本国籍を希望する意思表示に対して国家が許可を与えることにより、日本国民としての包括的地位を創設する行為です。

つまり、日本国籍を与えることによって、日本国民としての全ての権利義務を与えるものです。

この帰化申請の許可は法務大臣の裁量で行われます。
これは、定められた許可の要件を満たしていても、許可されないこともあるということです。

当事務所では、複雑な帰化許可申請手続をスムーズにサポートし、日本国籍取得をお手伝いさせていただきます。

 

帰化許可申請手続の流れ

1、必要な添付書類を集める

                    ↓

2、申請書類を作成する

                    ↓

3、申請書類、添付書類を法務局に提出する(行政書士付添)

                   ↓

4、許可・不許可の決定を待つ

 

以上となります。
簡単なように思えますが、必要書類の収集が大変ですし、法務局の担当官との面接があるなど、申請者にとってはかなりの負担になります。

経営者や会社員の方が、平日の昼間に何度も法務局に足を運ぶのは大変です。
また、必要な証明書も集めなくてはいけません。

しかも、すぐに許可・不許可の決定が下されるわけではなく、申請してから1年以上かかることもあります。
帰化許可申請は、長期戦を覚悟してください。
お忙しい方は、帰化申請専門の行政書士を活用されるといいでしょう